気ままなブログ http://walnutvalleyalpacas.com My WordPress Blog Wed, 25 Jan 2017 01:46:59 +0000 en-US hourly 1 https://wordpress.org/?v=4.7.3 幼児教室の役割とメリット http://walnutvalleyalpacas.com/?p=22 Thu, 25 Aug 2016 01:44:54 +0000 http://walnutvalleyalpacas.com/?p=22 子供の教育に関心をもつ親は少なくありません。

特に幼児期の子供をもつ家庭では、
そろそろ習い事を始めようと考えているかたも多いのではないでしょうか。

また、小学校受験を考えている方は幼児教室を検討されている方もいるかも知れません。そこで幼児教室は受験に特化した教室と、子供の能力を伸ばす教室などがり、用途によって教室も様々です。

例えば受験を考えているならば、
行動観察やペーパーテストなどを重点的に指導します。

また、面接指導などまさに受験のための教室と言えます。

受験以外には子供が楽しく遊びながら能力を伸ばす教室があります。

例えば小学校入学前に覚えておきたいことなどを指導したりします。
受験とは違い小学校に入ってから戸惑わないように、
少しずつひらがなを書いたり読んだりできる様にします。

またこの様な幼児教室では様々な事が学べます。

英語や体操などもあり、教室によって多種多様ですが、
カリキュラムを選ぶことも可能です。

幼児教室といっても子供の進む道によって選び方も違ってきます。

もちろん初めは親が子供のゆく道のレールを引いてあげますが、
子供にも向き不向きがあります。

そこをきちんと見極めて選んであげるのが親としての役割とも言えます。

大切なのは子供が進んで取り組んでいるのか、
初めから楽しんで通う子供もいますが、もちろんそうでない子供もいます。

そんな時は教室の先生に相談したり、また子供と話し合ったり励ましたりするのも大切な事です。

]]>
幼児教育で取り組みたい事 http://walnutvalleyalpacas.com/?p=19 Mon, 25 Jul 2016 01:44:12 +0000 http://walnutvalleyalpacas.com/?p=19 早い段階から教育を始めることの重要性については多くの人が理解していることだと考えられます。幼児教育に関するビジネスも多く出てきていて、塾のようなものから教材販売まで様々な形態があります。

こういったものを子育てに利用してきたというご家庭も多いのではないでしょうか。

楽しみながら取り組めるならばそれに越したことはありません。
しかし、すべてのものをやらせようとしてもなかなか難しい部分もあります。

どのような部分について幼児教育を進めていくべきかを考えてみる必要があるでしょう。

最近特に人気があるのが英語についての幼児教室です。早めに取り組んでいくことによって英語を聞き取ることが出来る耳を育てることが出来るという事がポイントです。

勉強という形ではなくゲームや歌などを通して楽しく取り組んでいけるところが人気のようです。
将来どういった分野に進むにしても英語と無関係ではいられませんから、未来につながるものとして経験させておきたいというニーズが高まっています。

また、耳を育てるという点で音楽に関する幼児教育も人気があります。
音感についても子どものうちに完成してしまうという事が言われていますから、
早い段階で音楽に触れる環境を作ってあげることが将来才能を発揮するきっかけになるかもしれません。

このように、小さいうちにしておくべきことで将来の生き方につながることを中心に、子供にやらせる幼児教育を選んでいきましょう。

]]>
小学校受験用の幼児教育 http://walnutvalleyalpacas.com/?p=16 Sat, 25 Jun 2016 01:43:33 +0000 http://walnutvalleyalpacas.com/?p=16 小学校受験は中学受験ほど、当日の試験結果が影響するわけではありません。中学校受験は、筆記試験の結果がすべて、という面がありま

す。

そのため、中学受験の日までいかに学力をつけていけるかが勝負になります。

受験勉強に費やした時間だけ、合格しやすくなるというのは事実です。

しかし、小学校受験は必ずしもそうではありません。
子どもよりも親を重視するという私立小学校は、少なくないでしょう。

国立小学校は抽選によって選抜されますし、抽選前の選抜段階でも、どういう子をとるかというのは年ごとに変わったりします。
筆記試験をする年もあれば、しない年もあります。

学力の高い子どもを求めているわけではなく、性格や行動の様子が決め手になることもあります。
どういう性格や性向の子をとるかというのも、受験年度によってバラバラです。

対策のたてようがないと言えます。そうしたつかみどころのないものに対して、
効果があるかどうかもわからないまま、幼児教育として小学校受験に向けた勉強をさせるのは、疑問のあるところです。

子供が幼児教育を楽しんで受けるなら別ですが、気が進まないようなら、無理してやらせなくてもかまわないでしょう。

無理して幼児教育を受けさせ、それが合格に結びつくなら、やった甲斐があるというものでしょうが、中学受験とは違います。

必ずしも、合格に結びつくというわけでもない現実があります。どういう試験になるか、試験があるかどうかさえ定かではない現実があるのですから。

]]>
家庭で幼児教育を行うには http://walnutvalleyalpacas.com/?p=13 Wed, 25 May 2016 01:42:51 +0000 http://walnutvalleyalpacas.com/?p=13 子供の時に適切な教育を受けさせると、大きくなってから様々な才能が開花すると言われています。子供は刺激を受け

やすく、興味のあることはどんどん吸収する力があります。

そのため子供が持っている力を十分に引き出すには幼児教育が大切になってきます。
幼児教育は幼児教室のように、いろいろな事を経験したり、学習したりすることばかりではありません。

本来の幼児教育とは子供が大きくなった時に生きていく力が身についているようになされるものです。

この時期は人間としてどうあるべきか、人とどうやって付き合っていけばよいか、
ということを学んでいるので無理やり学習をさせる必要はありません。

家庭で幼児教育を行う場合は、生活に密着した体験をさせると良いでしょう。

特に料理は様々なことを発見します。紅茶にレモンを入れたら色が変わった、
野菜を薄くスライスすると塩もみをした時すぐに塩辛くなる、など科学の実験的要素も含まれますし、数量の学習にもなります。

大きくなった時に料理に戸惑うこともありません。小さい子供であれば、
野菜や果物の匂いや名前を覚えることもできます。

教材を無理に買う必要はありません。子供は興味を持たないと、やらされている状態のため身につかないことが多いです。

身近なものを利用して一緒に行う、という経験は将来覚えていますし、自分が必要とされている、と思えるようになります。大きくなっても覚えていることが多いので生きていく力も身に付きます。

]]>
赤ちゃんが泣きやむ方法 http://walnutvalleyalpacas.com/?p=10 Mon, 25 Apr 2016 01:42:09 +0000 http://walnutvalleyalpacas.com/?p=10 生まれて間もない赤ちゃんは、当然ながら言葉が話せません。何かしてほしいことがあれば、

一生懸命泣くしかないのです。
ただ、場合によっては特に理由もなく泣き続けてしまうこともあります。

黄昏泣きとも呼ばれますが、
なぜか生後数か月の赤ちゃんは夕方になると訳もないのに酷く泣くことがあります。

こんな場合は、まずミルクは足りているか、
オムツは濡れていないかを確認しましょう。

何も問題なければ、赤ちゃんを泣き止ませるために役立つと言われる方法を試してみましょう。
まず、買い物などで使うビニール袋を耳元でカシャカシャさせます。

この音は、
赤ちゃんがママのお腹の中にいる際に聞こえる血流の音に近いとも言われており、
興味を引かれて泣きやむことが多いのです。

また、おくるみでしっかり身体を巻いてあげるのもおすすめです。
お腹の中はあまりスペースも広くなく、手足を自由に動かせません。

おくるみで巻くことでそれが再現され、安心感を得られて泣きやむ子もいます。

また、鏡を見せたりサングラスをかけたりすることで視界を変えると、
赤ちゃんは驚いて泣いてるどころではなくなり、泣きやむようになります。

他にもママの胸に耳を当てて心臓の音を聞かせたり、
抱っこしてゆらゆらするなど様々な方法があります。

最近では携帯でも幼児教育の泣き止ませアプリが多数出ているので、試してみるのも良いでしょう。
このように泣き止ませるための方法はいろいろとあるので、自分の子に合うものを見つけましょう。

]]>
赤ちゃんの寝かしつけで気を付けたい事 http://walnutvalleyalpacas.com/?p=7 Fri, 25 Mar 2016 01:30:16 +0000 http://walnutvalleyalpacas.com/?p=7 赤ちゃんが泣くのは仕事のようなもの、とわかっていても、実際に泣かれると対応せざるを得ませんし、近所への影響も気になります。

寝かしつけようとすればするほど強く泣かれることもしばしばです。そのような中で親自身も追いつめられてしまうことがあります。そうするとうつ病などにもつながることがありますから、まずはおおらかな気持ちで赤ちゃんに向き合うことが大切です。

親がイラついているとその気持ちは赤ちゃんにも伝わってしまうことがあるのです。そうすると寝かしつけようとしているのになかなか泣き止んでくれない、寝てくれないという事になってしまいます。こうした悪循環を断ち切ることが大切です。なかなか寝てくれない場合でも神経質にならず、ゆったり付き合ってあげるようにしましょう。

 

おむつやミルクなど必要なケアを全部してみても寝てくれないようなら、抱くのに疲れたら隣で添い寝するのでもよいです。暑かったり寒かったりして不快に感じていることもあるので、エアコンなどで温度調節してみてもよいでしょう。意外とすんなり寝てくれることがあります。

母親一人だけで対応するのではなく、家族で交代してみるのもよいでしょう。

 

年配の方は赤ちゃんを寝かしつけがうまいこともあるので、コツを聞いてみるのもいいかもしれません。

寝かしつけに苦労するのも後になればよい思い出になります。赤ちゃんに自分のイライラが移らないように自分の心にゆとりを持って対応してあげるように心がけてみましょう。

]]>